自動車のスクラップを買取できる理由とは?廃車買取のヒミツ

スクラップ はじめての方へ

綺麗で比較的新しい車であれば、手放す際には中古車として買取に出す事が可能ですが、これが古い車となると状況は一変します。

価値のない車となると、解体してスクラップになる事になるので、買取額がつく事はないと思われがちですが、実はスクラップでも買取ができるサービスがあるのです。

今回は、自動車のスクラップでも買取ができる廃車買取についてご紹介いたします。

廃車買取のサービス

廃車買取はカーネクスト

そもそも廃車買取とはどのようなサービスなのか、ご存じない方もいらっしゃるでしょう。

そこで、初めにこのサービスの内容について、簡単にご紹介いたします。

車として需要がない車を買い取ります

冒頭でもご紹介の通り、比較的新しい車であれば中古車買取店に売ってしまう事でお金をもらう事ができますが、古い車だったり事故に遭ってしまった車に関しては、買取が出来ません

それどころか、処分費用としてお金を払う必要が出てきてしまうのですが、廃車買取の場合はそのような車であっても買取を行う事ができます。

廃車買取の対象となる車

廃車買取のサービスで買取ができる車としては、上記の通り多走行だったり低年式(古い車)で、中古車市場で価値がないと判断されるような車が該当します。

他にも、事故や故障により動かなくなった車(不動車)などスクラップになるような車も買取の対象となります。

もちろん、中古車としてまだまだ現役で走れるような車であっても買取の対象となります。

 

スクラップを買取できる理由

費用の計算

このように、手放しに費用がかかるスクラップになる様な状態の車であっても、廃車買取では買取を行う事が可能となっています。

では、なぜ廃車買取ではスクラップになる車でも買取が出来るのか。

それには、中古車買取店では真似出来ない理由があるのです。

車のスクラップはゴミではなく資源

まず、前提となる話ですが、「スクラップ」と聞くとどうしてもゴミというイメージを持たれるかと思います。

しかし、実際のところ、車のスクラップは中古車買取店から見ればゴミになりますが、廃車買取店から見ると大量の価値のある鉄資源として見る事ができるのです。

鉄資源をリサイクルできる販路

そして、廃車買取業者はこの巨大な鉄資源の塊を、現金化できるリサイクルの販路を持っているのです。

通常は鉄資源といえど、それを現金化する術を持っていなければ、単なる大きくて重たいゴミという扱いとなりますが、リサイクルに回せる販路があるだけで、その資源が一気に価値のあるものへと変貌するのです。

なお、普通自動車から取れる鉄資源の価値は1万〜2万円、軽自動車の場合は7,000円〜8,000円程度となります。

パーツとしての買取も可能

鉄資源の買取に加えて、パーツの再販ルートも所有している業者であれば、パーツ単位での買取も可能なのです。

これが可能な廃車買取業者は少数ですが、該当の業者であれば車種や年式によってはかなりの高額を望めるのです。

具体例で言えば、新車購入から間もない状況で事故を起こしてして車が大破した場合、車としての価値は0に近い状態ですが、事故の影響を受けていないパーツに関してはかなりの価値があります。

なので、それらのパーツを取り外して同じ方式の車の修理用の部品として再利用に回す事で利益が出ますので、買取額もパーツだけで10万円を越える事が可能なのです。

 

スクラップにせずにそのまま売る事も

中古車

上記では、廃車買取でスクラップになる車でも買取ができる理由についてご紹介いたしました。

しかし、実は廃車買取業者の中には、他にも現金化できる販路を持っている業者も存在しているのです。

その販路は、中古車として買取ができるかどうか微妙なラインの車に対して、絶大な効果を発揮するものです。

中古車として買取が可能

基本的に車を廃車にしてスクラップに回す基準として、走行距離10万キロ、年式10年落ちという数字があります。

これを越え出すと、車検が高くなったり自動車税や重量税の重課が始まりますので、中古車としての需要がなくなり、多くの場合はスクラップ行きの廃車コースになってしまうのです。

しかし、これが9万キロ、8万キロと微妙なラインになってくると、廃車にすべきか中古車として売却するのか悩ましい事になるのです。

こんな時に、中古車としての買取&販路を持っている廃車買取業者であれば、中古車として価値がある車かどうかを判断してもらえ、より業者と売主双方に利益が大きい方法で買取を行ってもらえるのです。

※もちろん、中古車としての買取の方が査定額は高くなります。

海外への輸出で査定額が大幅UP

この中古車としての買取ができる廃車買取に加え、カーネクストのように海外への輸出販路を持っている廃車買取業者も存在します。

この販路を持っている業者に関しては、売りに出す車が海外で人気のある車だった場合、通常よりも20万円以上高く買い取れる可能性があるのです。

代表的な例で言えば、トヨタのハイエースなどが該当し、特に発展途上国などで壊れにくく信頼のある広い日本車という事で常に人気がある車種となります。

他にも、その時期のニーズにもよりますが、スカイラインやカローラなどの車種も例年を通して人気のある車となります。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

 

廃車する様な車でも価値がある

以上が、スクラップになる様な車でも廃車買取で買取ができる理由となります。

一口に車といっても、その車が中古車として価値のある車なのか、鉄資源やパーツ単位で価値のあるリサイクル資源なのかによって、買取に出す業者を変更する様にしましょう。

なお、上記でも登場した中古車買取や海外販路については、弊社カーネクストで対応可能なサービス内容となっています。

もし、現在のご自身の車の査定額をご希望の場合は、査定フォームから確認が可能ですので、お気軽にご利用ください。

>>無料査定フォーム

※中古車買取や海外販路は、すべての廃車買取業者で提供されているサービスではありませんので、その点はご留意ください。